ホーム>若者に見られる腰痛の原因

若者に見られる腰痛の原因

若者に見られる腰痛の原因

多くの日本人が抱える体の悩みの1つに腰痛があります。腰痛は大人に見られることが多いですが、最近では若い方の間でも腰痛が増えています。

こちらでは、若い方が腰痛を引き起こす原因についてご紹介いたします。

疲労骨折

疲労骨折は、成長期の若者に多いとされる腰痛の原因です。成長期の段階は骨が完全な状態ではないため、大きな負担がかかることによって骨折を招きます。

疲労骨折による腰痛のタイプは、椎骨と呼ばれる骨を繋げる椎間関節が傷つくことで引き起こされます。腰を反らした際に強い痛みを感じることが多いため、痛みを感じた際は放置せず、専門の病院や整骨院などに足を運ぶことをおすすめします。

筋肉疲労

筋肉疲労

筋肉疲労も若者の腰痛の原因です。一般的に「筋肉痛」と呼ばれる状態を筋肉疲労といいます。筋肉疲労によって筋肉を痛めても、すぐに腰痛に繋がることはありません。

しかし、日常的にスポーツを行うなど筋肉を使い続けることで、筋肉を包んでいる膜が炎症を引き起こし、腰痛へと繋がります。筋肉を使う期間を空けることで筋肉に蓄積された疲労を回復できます。腰痛を改善するためにも、十分な休息をとるようにしましょう。

背骨の歪み

先天性による背骨の歪みもありますが、スマートフォンやパソコンを活用する機会が多くなった現代では、姿勢が悪くなりやすいです。悪い姿勢でいることで骨格が正しい位置から離れて、背骨に歪みが生じてきます。

特に成長段階にある若い方は歪みやすいため、腰痛を招きやすいのです。歪みを見分けるポイントとして、肩の高さ・肩甲骨の高さ・骨盤の傾きが挙げられます。腰痛を防ぐためにも、体の歪みに注意することが大切です。

栃木県で腰痛にお悩みの際は、宇都宮にある床井整骨院へお越しください。床井整骨院では、小林式背骨矯正法を取り入れております。小林式背骨矯正法は、筋肉や関節の負担を軽減させることを目的とした施術方法です。

ぎっくり腰坐骨神経痛椎間板ヘルニアといった症状でお悩みの方もお気軽にご相談ください。小林式背骨矯正法だけでなく、お客様のお悩みに合わせて適切な施術をご提案いたします。