ホーム>自己流マッサージが危険な理由

自己流マッサージが危険な理由

自己流マッサージが危険な理由

体の痛みやこりを解すために、定期的にマッサージを行っている方は多いです。中には、自分でマッサージをしているという方もいらっしゃいますが、自己流マッサージは方法を誤ってしまうと、様々な危険を招く可能性があります。

こちらでは自己流マッサージがなぜ危険なのか、その理由をご説明いたします。

筋繊維を傷つける

自己流マッサージが危険な理由の一つとして、筋繊維を傷つけるおそれがあることが挙げられます。硬化した筋肉を解すため、筋肉を強く刺激するケースもよく聞かれます。

しかし、筋肉を強く刺激することによって筋肉の繊維を傷つけてしまい、炎症を引き起こす可能性があります。
この炎症が起きた状態を揉み返しといいます。揉み返しは、無理な姿勢で施術を受けた場合にも起こる可能性があるため、注意が必要です。

間違った対処法で症状を悪化させる

間違った対処法で症状を悪化させる

肩こり腰痛などの体の痛みには、慢性と急性の2つのタイプがあります。それぞれ原因や対処法などが異なるため、痛みを改善するためには正しい対策を取り入れることが重要です。しかし、自己流マッサージの場合、この2つを見極めることができず処置を施したことで、症状をより悪化させるケースも多いです。

そのため、自己流マッサージは危険であるとされているのです。肩こりや腰痛は悪化すると日々の生活に支障をきたしてしまうため、正しい処置を心掛けるようにしましょう。

体の不調を招くツボを刺激してしまう

健康に良いとされているツボですが、場所によっては体の不調を招くおそれもあります。例えば、首の根本周辺は脳に繋がる神経が集まっていて、頸動脈があります。

この箇所を長時間マッサージすると血の流れが悪くなり、めまいなどの体調不良を招きます。ツボを正しく刺激して健康維持に繋げるためにも、自己流ではなく専門の施術院を利用することをおすすめします。

交通事故時の誤ったマッサージ方法

どれだけ注意していても、不慮の事故に巻き込まれてしまうこともあります。例えば、交通事故が原因のむち打ちやぎっくり腰などの痛みは、通常の体の痛みと比べて複雑な場合があるため、自己流マッサージによって症状を悪化させる可能性が大きいです。このことから、正しい処置を施すには施術院を利用することが大切と言えます。

宇都宮市でスポーツ外傷交通事故による腰痛や肩こりなどの体の痛みにお悩みの際は、床井整骨院へご相談ください。床井整骨院では、お客様のお悩みに合わせた対処法をご提案いたします。肩こりは放置することで頭痛に繋がる可能性があります。毎日を快適に過ごすためにも、床井整骨院の施術をご利用ください。