ホーム>むち打ちと睡眠について

むち打ちと睡眠について

むち打ちと睡眠について

どれだけ細心の注意を払っていても車社会である現代では、交通事故に遭ってしまう可能性は少なくありません。交通事故による怪我の種類は多々ありますが、その中でもむち打ちは代表的な症状です。

むち打ちは肩こりや頭痛、腰痛といった症状だけでなく、睡眠にも大きな影響を与えます。こちらでは、むち打ちが睡眠に及ぼす影響についてご紹介します。

むち打ちによる自律神経の乱れ

むち打ちによる自律神経の乱れ

交通事故が原因のむち打ちにより、睡眠が十分にとれなくなったという方も少なくありません。むち打ちは頸椎捻挫とも呼ばれており、その名の通り頸椎を捻挫することがその由来です。

頸椎には様々な神経が通っているため、頸椎に怪我を負うことは神経を傷つけることに繋がります。神経が傷ついたことで自律神経に乱れが起きるようになり、自律神経と深い関係にある睡眠へ影響が出るようになります。

精神的ショックとその影響

交通事故によってむち打ちになった場合、精神面に大きなダメージを受けることもあります。この精神的ショックが後々ストレスへと変化し、蓄積されたストレスが引き金となって不眠症などの睡眠障害を招きます。

むち打ちが原因の睡眠障害は不眠症だけでなく、強い眠気などの症状も該当します。眠気は首の骨がずれていたり、最悪の場合、脳出血などが原因のケースもあります。不眠や眠気などの症状が見られる場合は十分な注意が必要です。

睡眠は日々の疲れをとるために欠かせません。毎日を快適に過ごすためにも、むち打ちによる睡眠不足でお悩みの際は、早めに病院や整骨院などへ足を運ぶことが大切です。

宇都宮で整骨院をお探しの際は、床井整骨院をご利用ください。床井整骨院では、お客様の状態に合わせた施術を行っております。また、関節や筋肉にかかる負担を減らした施術方法を取り入れているため、膝痛ぎっくり腰などでお悩みの方も、お気軽にご相談いただけます。宇都宮の整骨院を利用するなら、床井整骨院へお任せください。