ホーム>骨格の歪みが体に与える影響

骨格の歪みが体に与える影響

骨格の歪みが体に与える影響

体の痛みの中でも、腰痛ぎっくり腰といった症状でお悩みの方も少なくありません。

これらの痛みは、骨格の歪みが関係している可能性が高いです。
また、骨格の歪みは腰だけでなく、体の様々な部分に影響を与えます。

神経圧迫によるストレス

骨格の歪みによる体への影響の1つとして神経圧迫が挙げられます。骨盤の中には神経が通っていますが、骨盤が歪むことによって神経が圧迫されてしまいます。神経が圧迫されることにより神経が緊張し、自然とストレスを感じるようになってしまうのです。その結果、気持ちが不安定になり、集中力の低下を招きます。

血行不良が引き起こすむくみ

血行不良が引き起こすむくみ

骨格の歪みは血行にも影響します。骨格が歪むことで神経同様、骨盤の中を通る血管やリンパ管も圧迫されます。すると血の流れが悪くなり老廃物が上手く排出できず、血行不良を招いてしまうのです。

血行不良は手足のむくみなどを引き起こすこともあります。なかなか手や足のむくみが治らないという場合、骨格の歪みによる血行不良の可能性も考えられるのです。

筋肉硬化と体の痛み

骨盤の歪みは腰痛や肩こりとも深い関係があります。そもそも骨盤は、体を支えるという重要な役割を担っています。
そんな骨盤が歪むことにより周囲の筋肉が引っ張られてしまい、本来の伸縮性が失われて硬化していきます。

骨盤の筋肉のみならず、他の部分の筋肉にも影響が及び、結果的に全身の筋肉の硬化へと繋がってしまいます。
筋肉の硬化はリンパの流れも滞らせ、様々な体の痛みを招いてしまうのです。

栃木県に所在している床井整骨院では、背骨の歪みを正すための小林式背骨矯正法などの施術を提供しております。小林式背骨矯正法は、関節や筋肉にかかる負担を軽減することを目的とした施術方法で、椎間板ヘルニア坐骨神経痛などでお悩みの方も安心してご利用いただけます。つらい体の痛みでお悩みの際は、床井整骨院の小林式背骨矯正法をお試しください。