ホーム>交通事故によるむち打ちについて

交通事故によるむち打ちについて

自動車を運転しているとき、追突や衝突、または急ブレーキをかけたときの衝撃によって「むち打ち」になった体験をお持ちの方も少なくありません。

事故時の勢いで首が大きく曲げられたことにより、筋肉や靭帯が傷ついてしまうことが原因です。交通事故に遭ったとき引き起こされやすい症例の1つであり、整骨院を訪れる方も多い「むち打ち」について紹介します。

「むち打ち」とは

「むち打ち」とは

むち打ちは、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」と呼ばれる傷病名の総称です。交通事故時、衝突したときの衝撃によって体は勢いよく前方に押し出されます。

その際、人体の中で最も重たいと言われる頭部は、胴体に引っ張られる形で動くことになります。すると、まるで鞭を振ったときのようなS字型の動きになってしまい、捻挫や骨折を引き起こしてしまいます。

むち打ちの症状

事故当日には症状が現れず、交通事故から日にちが経ってから少しずつ症状が出てくるケースも多いです。
では、実際にどのような症状が現れるのでしょうか。

肩こり・頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気

損傷の中でも最も多いと言われる症例です。首や背中の筋肉が緊張状態になり、首を動かす際に鈍い痛みを感じることもあるようです。また、首の交感神経がダメージを受けてしまうと、頸椎に沿って走る椎骨動脈の血流が低下し、 頭痛やめまいなどの症状が現れます。

手足のしびれ・食欲不振

神経根と呼ばれる首の中心を通る神経がダメージを受けることで、一時的にしびれが生じるケースもあります。
症状の度合いは個人差や事故のケースによって変わりますが、筋力や握力などが低下してしまうこともあるので、食欲不振などが表れたときにも注意が必要です。

むち打ちは早めの対策が重要

むち打ちは早めの対策が重要

むち打ちは症状の経過が目に見えないため、本人でも判断が難しい部分があります。小さな事故でも筋肉や靭帯、神経は少なからずダメージを受けるため、対策を後回しにすると頭痛や肩こり腰痛など、様々な症状で起きてしまいます。

医師の指示の元、適切なリハビリを行うことはもちろん、整骨院などを利用して体をできるだけ元の状態に近づけることで、痛みや不快感のない生活を目指せます。

宇都宮にある床井整骨院は地域密着型の整骨院として、お客様の痛みと向き合い、原因を取り除く施術でサポートしております。当院では、肩こりや手足のしびれ、膝痛ぎっくり腰など、お客様のお悩みに合わせて小林式背骨矯正法といった施術をご提案します。

お客様の笑顔のために、丁寧な説明や心のこもった施術を心がけています。むち打ちなどでお悩みなら、まずはお気軽にご相談ください。